Ansehen: Guy Fieri liebt es, Rage Against the Machine zu sehen

Der Starkoch und Fernsehmoderator Guy Fieri ist ein bestätigter Metalhead, nachdem er 2021 bei einer Slipknot-Show gesichtet wurde, und seine neueste musikalische Besessenheit ist Rage Against the Machine.

Fieri wurde auf TikTok viral, nachdem ein Video veröffentlicht wurde, in dem der Bürgermeister von Flavortown am 27. Juli mit einer Zigarre in der Hand zum Set der Rap-Metal-Institution in Cleveland rockte. Er wurde am 31. Juli in Raleigh erneut gesichtet. Das Diners, Drive-Ins und Tauchgänge Der Moderator hat das Video von sich selbst bei der Show in Cleveland mit der Überschrift retweetet, dass es die beste Show aller Zeiten war … bis er sie das nächste Mal vier Nächte später in Raleigh sah.

Ein von Fans aufgenommenes Video von der Show fängt Fieris Auftritt auf dem Jumbotron ein, wo er enthusiastisch zu „Killing in the Name Of“ mitsingen kann.

Rage Against the Machine schließen derzeit die US-Etappe ihrer Tour 2022 ab, bevor sie für drei Wochen nach Europa reisen. Sie werden dann 2023 eine Reihe von verschobenen US-Shows spielen.

2022
8/2 Washington DC – Capital One Arena
8/3 Washington DC – Capital One Arena
8/8 New York, NY – Madison Square Garden
8/9 New York, NY – Madison Square Garden
8/11 New York, NY – Madison Square Garden
8/12 New York, NY – Madison Square Garden
8/14 New York, NY – Madison Square Garden
8/24 Edinburgh, Großbritannien – Royal Highlands Centre
26.8. Leeds, Großbritannien – Leeds-Festival
28.8. Reading, UK – Lesefest
9/1 Antwerpen, BEL – Sportpaleis
9/3 Hannover, GER – Expo Plaza
9/5 Zürich, SWI – Hallenstadion
9/8 Malaga, SPA – Großes Fest in Andalusien
9/10 Madrid, SPA – Wahnsinnig cooler Sonnenuntergang
9/13 Wien, AUT – Stadthalle
9/15 Krakau, POL – Tauron Arena
9/18 Zagreb, CRO – Zabgreb-Arena
9/19 Prag, CZE – O2 Arena

Auch Lesen:   Ghost kündigen Nordamerika-Tour 2022 mit Mastodon und Spiritbox an

2023
22.02. Las Cruces, NM – Panamerikanisches Zentrum
24.2. El Paso, TX – Don Haskins Center
26.02. Glendale, Arizona – Gila River Arena
28.02. Glendale, Arizona – Gila River Arena
3/3 Oakland, Kalifornien – Oakland-Arena
3/5 Oakland, Kalifornien – Oakland-Arena
3/7 Portland, OR – Moda Center
3/9 Tacoma, WA – Tacoma Kuppel
3/11 Vancouver, BC – Pazifisches Kolosseum
3/13 Calgary, AB – Scotiabank Saddledome
3/15 Edmonton, AB – Rogers Place
3/17 Winnipeg, MB – Canada Life Center
3/19 Minneapolis, MN – Zielzentrum
3/20 Minneapolis, MN – Zielzentrum
3/22 Sioux Falls, SD – Denny Sanford Premiere Center
3/28 Kansas City, MO – T-Mobile Center
30. März St. Louis, MO – Unternehmenszentrum
4/1 Detroit, MI – Little Caesars Arena
4/2 Detroit, MI – Little Caesars Arena



You're looking at an article about Ansehen: Guy Fieri liebt es, Rage Against the Machine zu sehen<br /> . You can also see a video about - 1928 that you might like.


Video Details:
Title : - 1928
Artist Name : AI文庫
Duration : 51:48
Video Size : 71.14 MB
Watch on Youtube

往年の文豪、有名な作家たちが残した短編及び長編小説、手記や学説などの日本文学の名作を、高性能な音声合成での読み上げによる朗読で、オーディオブックを画像や動画を交えて作成し配信しています。気に入って頂けましたら、是非ともチャンネルの登録を宜しくお願い致します。
youtube.com/channel/UCh1vjPdcO05HvBflROTsxmw?sub_confirmation=1

■一部抜粋

 ハハハハハ。

イヤ……失礼しました。

嘸かしビックリなすったでしょう。

ハハア。

乞食かとお思いになった……アハアハアハ。

イヤ大笑いです。

 あなたは近頃、この浦塩の町で評判になっている、風来坊のキチガイ紳士が、私だという事をチットモ御存じなかったのですね。

ハハア。

ナルホド。

それじゃそうお思いになるのも無理はありません。

泥棒市に売れ残っていた旧式のボロ礼服を着ている男が、貴下のような立派な日本の軍人さんを、スウェツランスカヤ(浦塩の銀座通り)のまん中で捕まえて、こんなレストランへ引っぱり込んで、ダシヌケに、
「私の運命を決定て下さい」
 などと、お願いするのですからね。

キチガイだと思われても仕方がありませんね。

ハハハハハ……しかし私が乞食やキチガイでないことはおわかりになるでしょう。

ネエ。

おわかりになるでしょう。

酔っ払いでないことも……さよう……。

 お笑いになると困りますが、私はこう見えても生え抜きのモスコー育ちで、旧露西亜の貴族の血を享けている人間なのです。

そうして現在では、ロマノフ王家の末路に関する「死後の恋」という極めて不可思議な神秘作用に自分の運命を押えつけられて、夜もオチオチ眠られぬくらい悩まされ続けておりますので……実は只今からそのお話をきいて頂いて、あなたの御判断を願おうと思っているのですが……勿論それは極めて真剣な、且つ歴史的に重大なお話なのですが……。

 ……ああ……御承知下さる……有り難う有り難う。

ホントウに感謝します。

……ところでウオツカを一杯いかがですか……ではウイスキーは……コニャックも……皆お嫌い……日本の兵士はナゼそんなに、お酒を召し上らないのでしょう……では紅茶。

乾菓子。

野菜……アッ。

この店には自慢の腸詰がありますよ。

召し上りますか……ハラショ……。

 オイオイ別嬪さん。

一寸来てくれ。

註文があるんだ。

……私は失礼してお酒をいただきます。

……イヤ……全く、こんな贅沢な真似が出来るのも、日本軍が居て秩序を保って下さるお蔭です。

室が小さいのでペーチカがよく利きますね……サ……帽子をお取り下さい。

どうか御ゆっくり願います。

 実を申しますと私はツイ一週間ばかり前に、あの日本軍の兵站部の門前で、あなたをお見かけした時から、ゼヒトモ一度ゆっくりとお話ししたいと思っておりましたのです。

あなたがあの兵站部の門を出て、このスウェツランスカヤへ買い物にお出でになるお姿を拝見するたんびに、これはきっと日本でも身分のあるお方が、軍人になっておられるのだな……と直感しましたのです。

イヤイヤ決してオベッカを云うのではありませぬ……のみならず、失礼とは思いましたが、その後だんだんと気をつけておりますと、貴下の露西亜語が外国人とは思われぬ位お上手なことと、露西亜人に対して特別に御親切なことがわかりましたので……しかもそれは、貴下が吾々同胞の気風に対して特別に深い、行き届いた理解力を持っておいでになるのに原因していることが、ハッキリと私に首肯かれましたので、是非ともこの話を聞いて頂く事に決心してしまったのです。

否、あなたよりほかにこのお話を理解して、私の運命を決定して下さるお方は無いと思い込んでしまったのです。

 さよう……只きいて下されば、いいのです。

そうして私がこれからお話しする恐しい「死後の恋」というものが、実際にあり得ることを認めて下されば宜しいのです。

そうすればそのお礼として、失礼で御座いますが、私の全財産を捧げさして頂きたいと考えておるのです。

それは大抵の貴族が眼を眩わすくらいのお金に価するもので、私の生命にも換えられぬ貴重品なのですが、このお話の真実性を認めて、私の運命を決定して下さるお礼のためには、決して多過ぎると思いません。

惜しいとも思いませぬ。

それほどに私を支配している「死後の恋」の運命は崇高と、深刻と、奇怪とを極めているのです。

 少々前置が長くなりますが、註文が参ります間、御辛棒下さいませんか……ハラショ……。

 私がこの話をして聞かせた人はかなりの多数に上っております。

同胞の露西亜人には無論のこと、チェックにも、猶太人にも、支那人にも、米国人にも……けれども一人として信じてくれるものがいないのです。

そればかりか、私が、あまり熱心になって、相手構わずにこの話をして聞かせるために、だんだんと評判が高くなって来ました。

しまいには戦争が生んだ一種の精神病患者と認められて、白軍の隊から逐い出されてしまったのです。

 そこでいよいよ私は、この浦塩の名物男となってしまいました。

この話をしようとすると、みんなゲラゲラ笑って逃げて行くのです。

稀に聞いてくれる者があっても、人を馬鹿にするなと云って憤り出したり……ニヤニヤ冷笑しながら手を振って立ち去ったり……胸が悪くなったと云って、私の足下に唾を吐いて行ったり……それが私にとって死ぬ程悲しいのです。

淋しくて情なくて堪らないのです。

 ですから誰でもいい……この広い世界中にタッタ一人でいいから、現在私を支配している世にも不可思議な「死後の恋」の話を肯定して下さるお方があったら、……そうして、私の運命を決定して下さるお方があったら、その方に私の全財産である「死後の恋」の遺品をソックリそのままお譲りして、自分はお酒を飲んで飲んで飲み死にしようと決心したのです。

そうして、やっとのこと貴下を発見けたのです。

あなたこそ、「死後の恋」に絡まる私の運命を、決定して下さるお方に違いないと信じたのです。

 ヤ……お料理が来ました。

あなたの御健康と幸福を祝さして下さい。

日本の紳士にこのお話をするのは、貴下が最初なのですからネ……そうして恐らく最後と思いますから……。

 ところで一体、あなたはこの私を何歳ぐらいの人間とお思いになりますか、エ? わからない?……ハハハハ。

これでもまだ二十四なのですよ。

名前はワーシカ・コルニコフと申します。

さよう、コルニコフというのが本名です……モスコーの大学に這入って、心理学を専攻して、やっと一昨年出て来たばかりの小僧ッ子ですがね。

四十位には見えますでしょう。

髪毛や髯に白髪が交っていますからね。

ハハハハハ。

しかし私は、今から三ヶ月前迄は間違いなく二十代に見えたのです。

白髪などは一本も無くて、今とは正反対のムクムク肥った黒い顔に、白軍の兵卒の服を着ていたのですから……。

 ところが、それがたった一夜の間に、こんな老人になってしまったのです。

 詳しく申しますと、今年(大正七年)の、八月二十八日の午後九時から、翌日の午前五時までの間のこと、……距離で云えば、ドウスゴイ附近の原ッパの真中に在る一ツの森から、南へ僅か十二露里(約三里)の処に在る日本軍の前哨まで、鉄道線路伝いによろめいて来る間のことです。

そのあいだに今申しました……不可思議な「死後の恋」の神秘力は、私を魂のドン底まで苦しめてこんな老人にまで衰弱させてしまいました……。

……どうです。

このような事実を貴下は信じて下さいますか。

……ハラショ……あり得ると思われる……と仰言るのですね。

オッチエニエ、ハラショ……有り難い有り難い。

 ところで最前も一寸申しました通り、私はモスコー生れの貴族の一人息子で、革命の時に両親を喪いましてから後、この浦塩へ参りますまでは、故意と本名を匿しておったのですが、あまり威張れませんが生れ付き乱暴なことが嫌いで、むしろ戦争なぞは身ぶるいが出る程好かなかったのです。

然し今申しましたペトログラードの革命で、家族や家産を一時に奪われて極端な窮迫に陥ってしまいますと、不思議にも気が変って参りまして、どうでもなれ……というような自殺気分を取り交ぜた自暴自棄の考えから、一番嫌いな兵隊になったのですが、それから後幸か不幸か、一度も戦争らしい戦争にぶつからないまま、あちらこちらと隊籍をかえておりますうちに、セミヨノフ将軍の配下について、赤軍のあとを逐いつつ、御承知でも御座いましょうがここから三百露里ばかり距たった、烏首里という村へ移動して参りましたのが、ちょうど今年の八月の初旬の事でした。

そうしてそこで部隊の編成がかわった時に、このお話の主人公になっているリヤトニコフという兵卒が私と同じ分隊に這入ることになったのです。

 リヤトニコフは私と同じモスコー生れだと云っておりましたが、起居動作が思い切って無邪気で活溌な、一種の躁ぎ屋と見えるうちに、どことなく気品が備わっているように思われる十七、八歳の少年兵士で、真黒く日に焼けてはいましたけれども、たしかに貴族の血を享けていることが、その清らかな眼鼻立ちを見ただけでもわかるのでした。

 彼はこの村に来て、私と同じ分隊に編入されると間もなく、私と非常な仲よしになってしまって、兄弟同様に親切にし合うのでした。

……といっても決して忌わしい関係なぞを結んだのではありませぬ。

あんな事は獣性と人間性の矛盾を錯覚した、一種の痴呆患者のする事です……で……そのリヤトニコフと私とは、何ということなしに心を惹かれ合って隙さえあれば宗教や、政治や芸術の話なぞをし合っているのでしたが、二人とも純な王朝文化の愛惜者であることが追々とわかって来ましたので、涙が出るほど話がよく合いました。

殺風景な軍陣の間に、これ程の話相手を見つけた私の喜びと感激……それは恐らく、リヤトニコフも同様であったろうと思われますが……その楽しみが、どんなに深かったかは、あなたのお察しに任せます。

 (省略:動画でお聴きください)

 その出発にきまった前日の夕方に……それは何日であったか忘れてしまいましたが、私がリヤトニコフや仲間の分隊の者に「お別れ」を云いに司令部から帰って来ますと、分隊の連中はどこかへ飲みに行っているらしく室の中には誰も居ません。

ただ隅ッこの暗い処にリヤトニコフがたった一人でションボリと、革具の手入れか何かをしていましたが、私を見ると急に立ち上って、何やら意味ありげに眼くばせをしながら外へ引っぱり出しました。

その態度がどうも変テコで、顔色さえも尋常でないようです。

そうして私を人の居ない廏の横に連れ込んで、今一度そこいらに人影の無いのを見澄ましてから、内ポケットに手を入れて、手紙の束かと思われる扁平たい新聞包みを引き出しますと、中から古ぼけた革のサックを取り出して、黄金色の止め金をパチンと開きました。

見るとその中から、大小二、三十粒の見事な宝石が、キラキラと輝やき出しているではありませんか。

 (省略:動画でお聴きください)

#オーディオブック
#恋愛小説
#愛とは